JAZZボーカリスト、ソングライター 小倉碧(おぐらみどり)のブログです。スケジュールやライブレポートなど、ぜひチェックしてみてくださいね☆


by midori_jazz

小さな空

28日、高田馬場GATE ONEにて
vo三輪知可ちゃんのライブを聴いてきました。

プライベートでも大好きなボーカル仲間のともかちゃん。
この日は、夏らしく浴衣姿でのご登場。

ピアノの荒武裕一朗さん、ベースの佐藤有介さん、
ドラムの中屋啓之さんの演奏も聴き応え満点!

JAZZのスタンダードナンバーと、夏にぴったりのボサノバやサンバのナンバー、
そしてポップスや童謡のナンバーまで、
洒落たアレンジとエスプリが利いたともかワールドを
堪能させていただきました。

f0192348_16492169.jpg



気になった曲を、いくつかご紹介。


A NIGHNT IN TUNISIA

ファンク色の強い8ビートから始まり、途中4ビート、また8ビートへと変わっていく
なんともCOOLなアレンジ。 とってもかっこよかったです。
漆黒の空に浮かぶ満点の星・・・
うっかりすい込まれてしまいそうな、チュニジアの夜空を想像し、
しばしぼんやり。。してしまいました。


MY ROMANCE

知可ちゃんに初めて出会った時、歌っていたのがこの曲。
しなやかでハリのある独特の声で、情緒豊かに歌い上げるルバートのワンコーラス目から、
ノリの良いミディアムスウィングへ。
その小さな体から溢れ出す知可ちゃんの世界に、引き込まれます。


小さな空

武満徹さんのナンバーから。
まずは、荒武さんのピアノイントロがあまりに美しくて、
そして、哀愁ただよう童謡のメロディーと物語を情感たっぷりに歌い上げる
ともかちゃんの姿に、思わず涙ぐんでしまいました。

この曲。メロディーも歌詞もすごくシンプルなんだけど、
どうしてこんなに、心に響くんだろう。


「小さな空」 詩・曲 武満 徹

青空見たら
綿のよな雲が
悲しみをのせて
飛んでいった

 いたずらが過ぎて
 叱られて泣いた
 子供の頃を
 思い出した

夕空見たら
教会の窓の
ステンドグラスが
真っ赤に燃えてた

 いたずらが過ぎて
 叱られて泣いた
 子供の頃を
 思い出した

夜空を見たら
小さな星が
涙のよに
光っていた

 いたずらが過ぎて
 叱られて泣いた
 子供の頃を
 思い出した


f0192348_16522027.jpg

(30日、上野西洋美術館にて。うろこ雲の夕暮れに出会いました♪)


++++

いよいよ8月・・!ですね!!

この週末は、街中いたるところで夏祭り・・やっていましたね~072.gif068.gif

f0192348_1657650.jpg


f0192348_16572946.jpg


1日は横浜でバンドのリハだったのですが、
ビルの谷間から、ばっちり見えましたよ~~みなとみらいの花火…!
とっても綺麗でした。


暑い夏、熱いJAZZをお届けできるよう、
しっかり調子を整えていきたいと思います(^^)v


f0192348_16583646.jpg
f0192348_1659073.jpg
[PR]
by midori_jazz | 2009-08-03 15:03 | Essay