JAZZボーカリスト、ソングライター 小倉碧(おぐらみどり)のブログです。スケジュールやライブレポートなど、ぜひチェックしてみてくださいね☆


by midori_jazz

MAMMA MIA!

Theatreめぐり、第2作目は、ピカデリー PRINCE OF WALES Theatreにて
上映中のMAMMA MIA!

f0192348_19354093.jpg



ダンシング・クイーンや、Money Money Moneyなど、
若い世代でも、きっと一度は耳にしたことがあるはず。

1970~1980年代、世界中のヒットチャートを総なめにした
スウェーデンのポップスグループ、ABBAの楽曲を、
劇中22曲もFeaturingしているこの作品。

ユーモラスで心温まるストーリーを、楽しませていただきました。


脚本のMs.CATHERINE JOHNSON、監督のMs.PHYLLIDA LLOYD、
両名とも女性のこの作品。

だからなのかな?? 
ときにやや際どいブリティッシュ・ジョーク(いわゆる下ネタ?満場一同大爆笑!してました)
の連発も全くいやらしくなくて、むしろ劇にユーモワと温かみを加えていました。


ABBAの曲は、前にTVかなにかで流れているのを
たまたま耳にしたことがあったくらいで、
きちんと聴くのは今回が初めてだったのですが(恥ずかしながら…)、

ミュージカルとして一つのStoryを完成させてしまうほどの
さまざまな場面や心理を表現しうる、
たくさんの、かつ多様な曲を書いていたっていうことに、まず驚きました。

そして、きっとそのことは、
ABBAが、その年代世界中の人々の共感を得て、
人々の心をとらえて離さなかった理由のひとつ…なんだろうな。。

前の方に座っていた女性客が、キャストより先に歌の続きを歌ってしまって
キャストが一瞬キョトン、なんてハプニングもありました。

そして最後は観客一同総立ちで一緒にダンス。
ロンドンの熱いショー・ナイトを、垣間見た気がしました♪

+++
全くの余談ですが、
ロンドンでは今週の火曜日夜から昨日の夜7時まで、
市内地下鉄全線!(Northen Lineだけはかろうじて動いていた)がストライキに入っていました。
みんな、代わりにバスやタクシーにのるんだけど、
市内の道路交通は大混乱…すごかった。。 

ようやく正常にもどり、まずは一安心、といったところです。
f0192348_1941273.jpg
f0192348_19412348.jpg

[PR]
by midori_jazz | 2009-06-12 19:46 | 旅日記♪