JAZZボーカリスト、ソングライター 小倉碧(おぐらみどり)のブログです。スケジュールやライブレポートなど、ぜひチェックしてみてくださいね☆


by midori_jazz

Sunday JAZZ

ロンドンの主要ターミナルのひとつWaterloo駅から
列車でゆくこと20分。
f0192348_511662.jpg


f0192348_523213.jpg


テムズ川畔に静かにたたずむ、JAZZの老舗 THE BULL'S HEADにて
http://www.thebullshead.com/

この日は、午後からJAZZの二本立て。

昼の部は、Steve Taylor Big Bandの皆さんによる演奏。
http://www.stevetaylorbigband.com/

ドラムス兼アレンジャーのSteve Taylorさん率いる、
Full Orchestraの演奏は迫力満点!!
f0192348_5123562.jpg


全体の選曲・雰囲気としては、BluesやFankの曲目をベースに、
Up-tempoのswingやラテンのナンバーを…

管楽器部隊の熱いソロ合戦を交え、
たっぷり聴かせてくれました。

メンバーには、Percussion&Vocalの方もいて、

Josie Fraterさん
http://www.i2imusic.moonfruit.com/

まさに、声を楽器のように使いこなしていました。
特に、ボサノバやラテンのナンバーでは、
リズム隊ながら管楽器メンバーと言っても過言ではない!
ような役割を果たしていました。

うーーーん!
とっても勉強になります。


お勧めのBig Band譜の出版社と、
今イギリスで人気のあるアレンジャーさん(参考までに♪)を教えてもらって、
この日の第一目標は無事達成^^v

ちなみに、ロンドンでは残念ながらJAZZのBig Band譜はなかなか店頭に置いておらず、
直接出版社から購入したり、アレンジャーに依頼するのだそう。

イチオシは…
じゃじゃん。

ここはやはり、本場アメリカの出版社 
Marina Music Service 
http://www.marinamusic.com

だそうです♪ 004.gif

+++

そして夜は、Audienceが飛び入りで演奏するJam session。
日曜の夜ということもあり、そこそこのにぎわいという感じでしたが、
音楽好きが集うJazz ClubのJam sessionは、きっと万国同じ!?

ホストもGuestも皆さんとっても素敵な方々で、
楽しい時間を過ごさせていただきました*^^*060.gif068.gif072.gif
f0192348_5111481.jpg

[PR]
by midori_jazz | 2009-06-09 05:20 | 旅日記♪